INDEX


コーヒーかすリサイクル

各種動画「TOZAI CHANNEL」

メールマガジンバックナンバー「TOZAI建聞録」

素材建材ファクトリーラボ

トーザイクリエイト・フェイスブック

トーザイクリエイト・フェイスブック
  1. 製品案内TOP
  2. マグエンプロダクツ製品一覧
  3. マグエンプロダクツQ&A
LOHASな素材・建材シリーズ

パートナー企業


マグエンプロダクツQ&A

海から生まれたナチュラルバインダー(結合材)マグエン


マグエン(= 新時代のバインダー)Q&A

  1. バインダー(結合材)って何?
    バインダーとは各種の素材を結合する重要な役割を持つ材料です(たとえば接着剤)。建材など( いろいろな固形体を)形作るために必要不可欠な基幹材料です。一般に知られているのは「セメント」や「消石灰」など。例えば砂・砂利などをセメントで結合させて固形体の製品「コンクリートブロック」が製造されています。また他に「漆喰(しっくい)」は消石灰をバインダーとしてスサ( 繊維)等を混合、結合させて、古来から「塗り壁材」として使用されています。「マグエン」は従来のバインダー「セメント」や「消石灰」に次ぐ新時代のバインダーとして誕生しました。
     (マグエンは2018 年5 月現在特許申請中です)
  2. 「人にも環境にも無害」って本当なの?
    マグエンは海水成分の「マグネシウム塩分」=一般的に言う「塩」から精製される3 種の マグネシウム塩の天然素材を主成分とします。人工的な化学物質は一切含まれず、水素イオンpH が約10 程度の石鹸水と同等の人に安全で優しい性質です。また、精製時にも環境を破壊しないこと、土に埋めても環境に悪影響を与えないことなどからエコロジーで無害な建材といえます。
  3. 「フォースター規制(F☆☆☆☆)」(シックハウス関連法規)についてはどうなの?
    マグエンには有害物質や 人工的な化学物質が全く含まれません。成分にホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)が存在しません。「マグエン プロダクツ」は「材料証明」で安全を確認していただけます。
    ※平成15年7月1日から施工された建築基準法では、 以下の内容のように禁止と制限が義務付けられています。確認申請時にホルムアルデヒドを発散する建材に対して書類上で申請審査されます。ホルムアルデヒドを含有しない建材は、企業が発行する材料証明で「告示対象外」であることが証明されればよく、フォースターは 必要ないということです。(ちなみに「告示対象外」と「規制対象外」は違います)
  4. マグエンって「不燃材」なの?
    マグエンは燃えません 。※マグエンは主成分がマグネシウム構成材のため、発火や有害なガスを発生しません。
    ※現在、厚さ5mm 以上のマグエン固形体は不燃番号(NM-4566)を取得済みです。



コーヒーかす× かき殻などの固形化製品 Q&A

コーヒーかす・かき殻など再利用固形化製品は独自開発された内装機能材で人にも環境にも無害です。(2018 年5 月現在特許申請中)

  1. どうしてコーヒーかすを製品化(=固形化)できなかったの?
    樹脂などケミカル製品をバインダー(結合材)として混入し硬化させる事はできるでしょうが、それでは素材の持つ特性を利用することはできません。コーヒーかすは脱臭効果を持っています。その特性を生かしながら硬化・固形化させる事に適したバインダー(結合材)がなかったため、自然素材によるコーヒーかすリサイクル製品が存在しませんでした。
  2. どうしてコーヒーかすを製品化(=固形化)できたの?
    全く新しいコンセプトで「セメント」「消石灰」に次ぐ「第三のバインダー」としてマグエンが誕生しました。マグエンは海水由来のマグネシウム無機塩で構成される安心安全なバインダー( 結合材) として開発され、特に付着特性のない自然素材などを結びつけ、その素材の良さをそのまま表現できます。マグエンができたことでコーヒーかすを利用した製品が実現しました。
  3. コーヒーかすを再利用した製品(=固形化)の特性は?
    ★コーヒーかすが環境改善材として蘇ります★
    私たち「トーザイクリエイト」はマグエンのバインダー(結合材)としての特性を生かし、コーヒーかすの脱臭効果に加え、かき殻など自然素材を配合することで有害物質・臭気を吸着・脱臭する機能を高め「環境改善機能を持つ建材」として開発しました。コーヒーかすを排出した各ショップへ店舗新装・リニューアル時の建材やインテリア材として使用できる製品として皆様へ提案していきます。
  4. 「アンモニア/ホルムアルデヒド/硫化水素等の有害物質や臭気を吸着・脱臭」する?
    当ホームページで紹介している「コーヒーかす×マグエン(+かき殻)」製品から試験体を作成し、検査機関:(株)同仁グローカルにおいて脱臭試験を行っています(2017年5月、11月)。対象項目は「アンモニア」「ホルムアルデヒド」「硫化水素」の三成分で各項目とも優良な結果が出ています。特にホルムアルデヒドと硫化水素においては効果の持続性が予想される結果との報告を受けています。(「マグエンとは」ページ参照
  5. 手持ちのコーヒーかすを使用して製品を作ってもらえるの?
    ★お手持ちのコーヒーかすを使用してオリジナル製品の製作をお受けします★
    例えば、現在運営されているコーヒーを提供するお店から出るコーヒーかすを弊社工場宛てにお送りいただき、「委託加工」という形で再利用してショップオリジナルの製品をお作りすることができます。改装・新装計画で使用できるストーリー性があり、環境改善材としての機能を持つロハスな建材としてコーヒーかすが蘇ります。詳細はお気軽にお問い合わせください。

詳細はお気軽にお問い合わせください。

TEL.03-3377-5261


株式会社トーザイクリエイト 〒151-0071 東京都渋谷区本町1-21-1 SH小林ビル9階   TEL.03-3377-5261 FAX.03-3377-5297