INDEX


コーヒーかすリサイクル

各種動画「TOZAI CHANNEL」

メールマガジンバックナンバー「TOZAI建聞録」

素材建材ファクトリーラボ

トーザイクリエイト・スタッフブログ

トーザイクリエイト・フェイスブック
  1. Home
  2. ブリック施工説明書

DSC BRICK (ブリック施工説明書)

DSCブリック施工説明書

DSCブリックはGRC製品です。(ガラス繊維強化セメント)
不燃・屋外・環境

■設計者の皆様方へ ※オーダーされる前に必ずお読み下さい※不明点等ございましたらお気軽にお問い合せ下さい。

■施工業者の皆様へ ※施工される前に必ずお読み下さい※不明点等ございましたらお気軽にお問い合せ下さい。

※目地施工のおすすめ ・・・ デザイン柄のシンプルな製品は(目地巾3mm以上)目地施工をおすすめします


凹凸の激しいブリックに関しましては突き付け部の暴れが目立ちづらいですがシンプルな柄のブリックの 施工に
関しましては目地施工で仕上げていただきますときれいに仕上がります。(施工時に設計者とご協議下さい。)

DSC(ディーエスシー)ブリック施工及び専用接着剤について
*DSCブリック専用接着剤・施工説明書*

屋内用接着剤「MS-20」


MS-20


※MS−20の使用時注意事項は
タイルメント社製品ページで御確認下さい。
http://www.tilement.co.jp/products/
MS-20の取扱場所・作業場所は通気を十分に行って
下さい。

屋内壁面タイル・石材施工用として開発された、点付け施工用の一液反応硬化形の変成シリ コーン樹脂系接着剤です。
硬化後は適度な硬さを保持することで、接着強さを確保しつつ、下地の変形やタイルの動きによる応力を緩和します。


■変成シリコーン樹脂系接着剤 ■化学反応形無溶剤タイプ ■指定可燃物 可燃性固体類

MS-20



屋外用接着剤「ME-05」


ME-05


※ME−05の使用時注意事項は
タイルメント社製品ページで御確認下さい。
http://www.tilement.co.jp/products/
ME-05は空気の対流が少ない箇所で使用すると、
湿度、温度などの条件により臭気が残る可能性が
あります。
使用に際してタイルメント社宛ご相談下さい。

屋外は落下防止フック付きDSCブリックを使用して下さい。

屋外壁面タイル・石材施工用(落下防止金物併用)として開発された、一液反応硬化形の変成シリコーン・エポキシ樹脂系接着剤です。
硬化性に優れ、硬化後は適度な硬さを保持することで、接着強さを確保しつつ下地の変形やタイルの動きによる応力を緩和します。


■変成シリコーン樹脂系接着剤 ■化学反応形無溶剤タイプ ■指定可燃物 可燃性固体類

ME-05



DSCブリック施工時注意事項

DSCブリックはライン生産の工業製品ではありません。1品ごと押し型成型による手作りの商品です。
従いまして、各商品は全くの均一ではなく多少のばらつき(厚さ・重量・色むらなど)がございます。
施工の際などに柄合わせ・レベル調整なに多少の手間がかかりますことと合わせ商品の風合いとご理解下さい。
製造ロットの違う製品が混債されることもございます。
貼り込みの前に床に仮置きしバランス調整されることをお勧めします。
商品の製造特性上商品の角や隅の部分に微細な欠けがありますがご了解下さい。


【下地の調整及び清掃】
1.下地面及び仕上げ材のゴミ・ホコリ・油分・錆・塗料などは接着不良の原因となりますので取り除きます。
2.DSCブリック裏面を確認して裏面に付着した粉塵・ほこりなどをを固く絞った布で拭き取って下さい。

チェック:

若齢下地、浮き水がある下地への施工は接着不良の原因となりますので避けて下さい。

 

【仕上げ材の割付け】
1.割り付け図面に従って基準墨から墨出しを行います。

チェック:

躯体や下地の目地にまたがってブリック製品貼りを行うと、仕上げ材の割れなどの原因となる恐れがありますので、原則として目地をまたいで仕上げ材を張らないで下さい。


【仕上げ材貼り】
1.接着剤は開封後直ちに使用して下さい。
2.屋外施工の場合は落下防止フック付きDSCブリックを使用してME−05で圧着施工して下さい。
3.ヘラなどを使用して接着剤を仕上げ材の裏面へダンゴ状に点付けします。
4.目地の状態・バランスや不陸を調整しながら押さえつけるように仕上げ材を張り付けます。
 (製品の表面をクッション材などで保護しラバーハンマーなどで振動を与えながら製品をしっかり圧着して下さい)
5.2段目からはスペーサーなどを利用して目地調整をしながら張り付けます。
6.適宜仕上げ材を剥がして裏面に接着剤が充分付着している事を確認します。

チェック:

・下地へ仕上げ材と同等の大きさの接着剤が付着していることを確認して下さい。
・仕上げ材表面に付着した接着剤は、硬化する前にシンナーなどを含ませた布で拭き取って下さい。
・接着剤塗布後、張り付け可能時間以内に終えて下さい。


【養生】
1.仕上げ材張り付け後、接着剤が硬化するまで夏期1日以上、冬期は3日以上外力が加わらないように養生します。

施工参考例


施工説明書ダウンロード


DSCブリック施工説明書
屋内用接着剤 MS-20(タイルメント社)
屋外用接着剤 ME-05(タイルメント社)



株式会社トーザイクリエイト 〒151-0071 東京都渋谷区本町1-21-1 SH小林ビル9階   TEL.03-3377-5261 FAX.03-3377-5297