液体ガラスHSシリーズ

  1. HOME
  2. 液体ガラスとは?

 

液体ガラスとは?

 

液体ガラスとは~

微粒子化されたシリケート組成液に改良を重ねることで有機物との密着性を向上させた無機質材で、着色性・伸縮性・屈曲性に優れ、環境負荷の少ない素材です。ニッコーの「液体ガラス」は景観、インフラ、建築をはじめ、これまでにない新たな領域における木材利用の可能性を広げる画期的な処理技術で、鉄筋コンクリートや鉄を越えた、用途自在なハイブリット木材を生み出す事を可能とします。
「液体ガラス」という言葉は、2006 年にTBS テレビ系のドキュメンタリー番組「夢の扉~NEXT DOOR~」でガラス塗料により建築物の長寿命化・無害化を成し遂げることが取り上げられ、株式会社ニッコーの塩田政利代表が出演してガラス塗料を「液体ガラス」として紹介されたのが始まりです。


〈トーザイクリエイトは、「ニッコー・液体ガラス®」のメーカーの研修を終了し、ニッコー・液体ガラス学会の承認を受けた正規代理店です。〉

 

液体ガラスのメリット~

最大の特長 → 無機質材による加工のため使用に際して安心・安全!!

■玩具安全基準(ST) に適合
■刺激臭なし
■抗菌 ■抗カビ ■防ダニ 
-ブドウ球菌、大腸菌に対する抗菌性・抗菌力試験
 (ISO 22196,JIS Z 2801)、抗菌効果4.0 以上
-ヤケヒョウダニ侵入シャーレ阻止法、ダニ忌避率95.9%
-シロアリ忌避率・防腐剤同等


これらのメリットで今まで木材が使えなかった場所に使用が可能になり、木という自然素材を活用した環境づくりに大きく 貢献していきます。
また一般の塗料やコーティング剤との大きく違い、水は通さず空気は通すため木の持つ調湿性が維持でき結露や反りが防ぐ ことができます。

耐水性

疎水性が高く、通気性がよい
水を通さず空気を通す、いわゆる” 木が呼吸” している状態

メンテナスフリー

一般塗装なら1 年~数年に一度必要な塗替えや防虫剤の塗布が不要。
10 年は大丈夫。

防汚性

表面にコーティングを施すことで汚れが入り込まなく落としやすい。

難燃性

日本防炎協会の製品防炎性能試験基準を適用した試験に適合
“火につよい” 検証動画→●


高強度

鉛筆硬度3H 以上
せん断強度は無処理材より高くなる

耐候性

サンシャインウエザーメーター
(キセノン照射)
6000 時間保証
(屋外暴露12 年相当)

防蟻・防腐性

木材の水酸基をかさ上げすることで疎水性になり、水分がないと生息できない腐朽菌やシロアリを防止する。
京都大学生存圏研究室での実験にて検証済み。

抗菌性

日本食品分析センターにて試験済み
ブドウ球菌、大腸菌に対する抗菌性・抗菌力試験
(ISO 22196,JIS Z 2801)、抗菌効果4.0 以上

 

 

施工工程

こぶだしブリック

1. 湯煎
山から切り出した生木を加工。
70℃のお湯に浸け、自由水と空気を追い出す。
結合水は残っているため木は生きている。

こぶだしブリック

2. 液体ガラスに含浸
お湯より取り出し含浸し、液体ガラスを内部まで
しみこませる
分子がナノレベルで木材の細胞に入り込む。


こぶだしブリック

3. シーラー塗装
紫外線吸収剤入りシーラーを塗布

こぶだしブリック

4. トップコート
表面高度を上げる。
防汚対策にはトップコートを2 層、3 層に塗布。
使用箇所によって様々な塗装形態を選択可能。


詳細はお気軽にお問い合わせください。
TEL.03-3377-5261